MU PHOTO

タグ:青空 ( 137 ) タグの人気記事

街灯のある風景210 in川崎

d0151003_22561046.jpg

by mu-0323 | 2013-10-20 22:56 | 街灯

千年の孤独

d0151003_23544527.jpg

by mu-0323 | 2013-10-15 23:55 | 神奈川

焼きそばについて

d0151003_21514831.jpg

このブログでも何度か書いていますが、私は焼きそばが好きです。
屋台はもちろん、自分で作るタイプのものやインスタントなど、なんでも食べます。
一人暮らしを始めてから、ひそかにチャレンジしたいと思っていたのがぺヤングソース焼きそばの「大盛り」を食べることでした。
そして先日、そのチャレンジをやってみました。

開けてみてまず予想外だったのがその形態です。大きなぺヤングが1個入っていると思っていたのですが
実際は普通のぺヤングが2個、入っていました。
普段1個で満足しているものを2個食べるとどうなるのかとワクワクしながら食べ進めていきましたが
お腹がいっぱいになる前に飽きてくるというのもまた予想外でした。
徐々に満腹になるお腹と変わらない味に予想以上に苦しめられ、最後のほうは目がウツロになっていたものの
どうにか完食出来ました。
何気なくフタを見てみると、1,100Kcalと書いてあり、一食でそれだけのカロリーを摂取してしまったことにも驚きました。
お腹を見ると、今まで見たことないほど膨らんでいて身動きするのもキツかったので、その日は早々に寝てしまったのですが
その夜見た夢は、私が臨月の妊婦になっており、既に破水してそろそろ生まれそうな状態にも
かかわらず、病院にたどり着く気配がない、というものでした。

敗因は、直前にマックのポテト(S)を食べてしまったことにあるような気がします。
今度はギリギリまでお腹をすかしてからチャレンジしてみようかと思う、今日この頃です。
by mu-0323 | 2012-08-06 00:00 | 神奈川

ある晴れた日曜日のこと

d0151003_2356325.jpg

外では「日本人を守れ」と主張する、拡声器からの声。

本当にそう思うなら、もう少し静かにしてください。
ここには夜勤明けでやっと眠りについたばかりの人もいるし
なによりテレビの音が聞こえません。
片側だけの正義感が、守りたいはずの誰かを傷つけていることもある。

今日も空は、相変わらずきれいです。
by mu-0323 | 2012-04-02 00:00 | その他の地域

TOKYO SKY BLUE

d0151003_22473514.jpg

by mu-0323 | 2012-02-06 23:29 | 東京

冬晴れの日

d0151003_058561.jpg

by mu-0323 | 2012-02-04 00:00 | 東京

赤・青・黄色

d0151003_1211492.jpg

今年はまだ始まったばかりですが、いろいろな決断を迫られる1年になりそうです。
自分で決めた事には後悔しないタイプですが、色とりどりの素敵な経験が出来るよう
ひとつずつの出来事を大切に過ごしていきたいと思っています。
写真ももう少し丁寧に撮りたいな。
by mu-0323 | 2012-01-04 00:00 | 東京

街灯のある風景161 in駿河小山

d0151003_22282867.jpg

by mu-0323 | 2011-11-20 22:26 | 街灯

街灯のある風景146 inツイてない旅 その3

帰りの新幹線までに結構時間があったので、尾道まで足を伸ばすことにしました。
尾道行きは全く予定していませんでしたが、有名な観光地なのでいい被写体があるだろうと考えての事でした。
駅におりると、駅舎を見下ろす高台にお城がそびえ立つのが見えました。
d0151003_23375413.jpg

中国地方は梅雨が明けたばかりでかなり暑く、炎天下の中坂道を歩くのはキツイので的を絞ってこのお城だけ目指す事にしました。
お城へ行くには急勾配の坂道と階段を行かなければいけなかったのですが
観光案内には公園があると書かれていたし、ここから眺める海はさぞかし綺麗だろうと期待していました。

草木が生い茂り虫の飛び交う坂道を汗だくになりながら登って行ったのですが、観光客の姿は見あたりません。
ちょっとイヤな予感はしましたが今更引き返せないので、どんどん登って行くことにしました。
やっとお城にたどり着きアーチになっている入り口を見て、私は愕然としました。
アーチには「全国の城博物館」と書かれており、草がボーボーに茂ってどこからも入ることが出来ませんでした。
ホンモノのお城じゃないうえに、そこは立派な廃墟だったのです。
いくら廃墟好きの私でも、この草が生い茂る廃城に入る勇気はありませんでした。
お城の少し先にあったホテルはまだやっているようでしたが、人の姿は全くなく
更に先の旅館と書かれた建物を覗いてみると、中は完全に荒れ果てていて全くやる気がないのでした。
もう反応する気力もなくした私は、キツイ坂道のせいで子鹿のように震える足をなだめつつ
今来たばかりの道をそろそろ下っていきました。

どうにか駅までたどり着き、やっと入った喫茶店で身体を休めていると
仕事で尾道に来たというお客さんに、マスターが話しかけているのが聞こえました。
「今日の夜はこの商店街すごいんですよ!いろんな町内から神輿が出るんです。
祇園祭っていってねぇ、それはそれは賑やかですよ!」
夕方には新幹線に乗っている予定の私は、ここ尾道でも痛恨の一撃を受けたのでした。
by mu-0323 | 2011-07-17 23:30 | 街灯

街灯のある風景143 in上野

d0151003_0175987.jpg

by mu-0323 | 2011-06-19 00:00 | 街灯