MU PHOTO

<   2012年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

光の射す時間

d0151003_23494168.jpg

by mu-0323 | 2012-01-31 00:00 | 東京

チェッ

d0151003_2350585.jpg

by mu-0323 | 2012-01-30 00:00 | 東京

街灯のある風景167 in水天宮

d0151003_055480.jpg

昨日、学生時代の友人と久しぶりに会いました。
ご飯を食べながらお互いの近況を報告し、外をブラブラしているうちにすっかり辺りは暗くなっていました。
私が写真を撮っていると、友人が空を見ながら
「イタチといる時はいつも綺麗な月が出ている気がする」と言い始めました。
確かに私も、その友人といる時はいつも綺麗な月を見るような気がします。

月を見た二人が話題にするのは、いつも同じ話です。
それは「月の錯視」。
詳しい説明は省きますが、月が低い位置にあるときと高い位置にあるときでは見かけの大きさが違う
という、人間の錯覚についての話です。
私も友人も学生時代に心理学を学んでいて、この論文についての講義を一緒に受けました。
論文には、錯視の原因について二つの説が取り上げられていました。
そして二人とも、どちらの説が支持されていたのか結論を忘れてしまっているため
いつも「で、結論はなんだったんだっけ?」という話になるのです。
論文が英文だったという事を加味しても、ちゃんと授業を受けていなかった事がバレバレです。

友人と別れ、家に帰ってテレビをボーっと見ていると
驚いたことに、偶然「月の錯視」に関する話が取り上げられていました。
それによると、「2000年前からいろんな人が月の錯視の原因を探っているが、結論は出ていない」
という事が結論のようでした。
結論が出ていないから、分からなかったんだね。
スッキリしたような、余計モヤモヤがつのったような、そんな夜でした。
by mu-0323 | 2012-01-29 00:00 | 街灯

春が来るから

d0151003_034076.jpg

三つ指ついて出迎えるってこんな感じですかね
by mu-0323 | 2012-01-28 00:04 | 東京

バス停も凍る夜

d0151003_05029.jpg

by mu-0323 | 2012-01-27 00:00 | 東京

海へ

d0151003_031431.jpg

雪の写真はまだ残っているのですが、とりあえず、海へ。
by mu-0323 | 2012-01-26 00:00 | 東京

雪遊び

d0151003_1123465.jpg

昨夜は遅くまで、外に出て雪を撮っていました。
喜び勇んで近所の大きな神社に行ってみると、そこにはやはり
カメラを提げたお仲間が。
雪ではしゃぐオトナ同士、恥ずかしいような嬉しいような気分で挨拶を交わし
撮影スポット情報を交換したりしながら、時間を忘れて撮り続け
この写真を撮るころには、既に日付が変わろうとしていました。

写真に写った人影も、自転車に乗って去っていき
気づくと深夜の神社にいるのは私一人。
なんだか急に怖くなり、そろそろ帰ろうかなと思っていた私の背後に
神社の屋根から雪がドサドサと落ちてきて、飛び上って驚く事になるのを
この時点ではまだ誰も知りません。
by mu-0323 | 2012-01-25 00:00 | 東京

後ろ向きで失礼します

d0151003_1435728.jpg

今日は、ブログ4周年の記念日です。
去年はすっかり忘れていたので、今年はちゃんと覚えておいて
何かオメデタイ写真をアップしようと思っていたのですが
夜になって思いがけずたくさんの雪が降ったので、そちらに夢中になってしまいました。

写真を始めていなかったら、この寒空にわざわざ出かける事もなかったんだろうなと思うと
なんだかちょっと得した気分になります。
そしてこういう得した気分を、これから先も味わいたいなとも思います。
ひとまずはまた、来年の今日を目指して。
これからも、MU PHOTO をよろしくお願いいたします。
by mu-0323 | 2012-01-24 00:00 | 東京

三者会談

d0151003_2391747.jpg

先日、業界誌のインタビューを受けました。
以前別の雑誌の取材を受けた時はまだカメラを始めておらず、全く興味がなかったのですが
今回は、プロカメラマンさんの仕事に興味しんしん。
上司が撮影されている様子を、後ろからジロジロ見てしまいました。
使っていた5DMarkⅡにときめき、高そうな機材にときめき
じっくりシャッターチャンスを狙う姿にときめき、ちょっとカッコイイ若い男性だった事に
ときめき・・・。
本当は、写真の話を少ししてみたかったのですが
実際の現場は三者会談どころか、10人以上が鬼気迫る感じで話を聞いていたので
小心者の私はビビってしまって、真面目な話だけしてすぐ帰ってきました。
次回またこういうチャンスがあったら、今度は頑張ろうと思いました。
by mu-0323 | 2012-01-23 00:00 | 東京

D or A

d0151003_1514684.jpg

囚われたのは天使か、悪魔か?
by mu-0323 | 2012-01-20 00:00 | 東京