MU PHOTO

午前3時の訪問者

d0151003_0275167.jpg

先週末のことです。
最近の私は日々疲れ果てていて、かなり早い時間からウツラウツラしていることも多いのですが
その日もベッドでごろごろしている途中でいつの間にか眠ってしまいました。
夜中に目が覚め、時間を確認してまた眠る・・・を繰り返していたとき、インターフォンが鳴りました。
もう朝か?寝過したか?と思って慌てて確認した時計は、午前3時30分を指していました。
外も真っ暗で、完全に真夜中でした。

こんな夜中に訪ねてくる人に心当たりはなく、泥棒?幽霊?イタズラ?と短い間にいろいろ考えてしまいました。
恐る恐るモニターを見ると、真っ赤なポロシャツを着た見知らぬ男性が立っていました。
私はとても怖くなったためしばらく様子をみていると、4回ほど鳴ってインターフォンは切れました。
なんだかその人が玄関まで来るような気がしたので、鍵とチェーンが掛かっていることを確認したうえで
その辺にあったハサミ(攻撃用)と枕(防御用)を掴んで、じっと息をひそめていました。

しばらくすると足音と同時に隣の玄関が開き、どうも~とかありがとうございました、とか言っているのが聞こえました。
どうやらその人は24時間やっているデリバリーの人で、隣の人が注文した何かを届けに来たようでした。
私は「出前かよ!」と思い、怖かったのとホッとしたのと腹が立ったのが交じってしまい、部屋の中をグルグル回りました。
翌日は休日だったため、そのあとぐっすり眠れたのが不幸中の幸いでしたが、しばらくは赤いポロシャツを見ただけで
思い出してしまいそうな出来事でした。
by mu-0323 | 2012-11-15 00:00 | 埼玉